(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *広島平和宣言をめぐって
本文テキスト  8月6日、59回目を迎えた広島原爆忌の式典で小泉首相は、自衛隊の多国籍軍参加およびイラク派遣に対して被爆者から非難の声が上がっていることについて、活動は憲法の範囲内であるとして理解を求めた。また広島市長による当日の宣言の中で、当初アメリカの外交政策について「唯我独尊主義」とされていた部分が、浄土真宗本願寺派広島別院などからの「言葉の使い方が不適切」との抗議を受け、「自己中心主義」と変更して読み上げられた(読売・大阪・夕 8/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center