(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *教皇庁、中国に対話を提案
本文テキスト  パロリン国務長官は8月、カトリック誌『ファミリア・クリスティアーナ』のインタビューに答え、国交のない中国と「建設的な対話」に乗り出す意向を表明した(毎日8/7)。教皇も訪韓中の8月17日、司教団との会合で、「アジア大陸で教皇庁と完全な関係を持っていない国々は対話をためらわないでほしい。政治対話だけでなく、兄弟としての対話もある」と語り(毎日8/18)、翌18日、バチカンへの帰路の機中で、訪中の意向を表明したとされる(毎日8/19)。また、アルゼンチンとイタリアのメディアは、9月3日、教皇が中国の習近平国家主席をバチカンに招待するとの親書を特使に託し、3日後に中国側に手渡されたと報じた。教皇庁はこれについては「ノーコメント」としている(毎日9/18ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center