(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 64
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *過激派がイスラム法違反者を「取り締まり」
本文テキスト  西部の都市ヴッパータールで、サラフィストと呼ばれるイスラム過激派の若者が「シャリア(イスラム法)警察」を自称し、夜の繁華街にいるイスラム教徒に飲酒や音楽、ギャンブル、ポルノなど、イスラム法で禁じられている行為を止めるよう「取り締まり」を行っていることが問題となっている。デメジエール内相は9月6日付『ビルト』紙上で、「勝手に警察を名乗ることは許さない」、「ドイツではシャリアを許さない」と批判した。地元の警察は若者たちの行為が脅迫などの罪にあたる可能性があるとし、関係者から任意で事情を聴いている。治安当局によれば、西部ノルトライン・ヴェストファーレン州には1,800人のサラフィストがおり、ヴッパータールでは特に活動が活発とされる(東京・夕9/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center