(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ポーランド
記事タイトル *アウシュヴィッツ収容所跡で遺品盗難が続発
本文テキスト  南部に残るナチスの強制収容所跡地のアウシュヴィッツで7月1日、ドイツの高校生を引率して来ていた教師が土中のフォークや陶器などを掘り起し、鞄に入れたのを発見され、身柄を拘束された。教師は容疑を認め、「生徒に見せようとした」と説明した。収容所の「資料」を記念品と考え、持ち去る人が後を絶たないが、ポーランドの法律では最大禁固10年が科される重罪である。これらの「資料」を「遺品」ととらえるポーランド人との意識の溝は埋まらない。2013年にはハンガリーから来た学生が、収容所跡地で「ハイル・ヒトラー」と叫びながら記念撮影をしたことで地元警察に逮捕されている(朝日8/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center