(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆ナイジェリア
記事タイトル *ボコ・ハラム国家宣言
本文テキスト  8月24日のAFP通信の報道によれば、ボコ・ハラムは東北部ボルノ州グウォザで「カリフ(ムハンマドの後継者)」を頂点とするイスラム国家樹立を宣言、アブバカル・シェカウ指導者は「アラーのご加護により、この町を離れない。(グウォザは)ナイジェリアとはもはや関係ない」と主張した。同日、ナイジェリア軍は「国の統治権は損なわれておらず、宣言は中身がない」と一蹴するも、25日にはシェティマ、ボルノ州知事は「パニックを起こすのが目的であり、扇動に乗ってはならない」と強調し、火消しに追われた(読売8/25ほか)。
 ボコ・ハラムのこうした動きは、「イスラム国」の影響を受けたものと見られる。「イスラム国」に対して支持を表明しているうえ、これまでは山岳や森林地帯を拠点とし、政府機関や教育機関への襲撃を中心としていたが、7月以降は襲撃地にとどまるケースが増えており、「イスラム国」を成功例としてこれを模倣する戦術へと転換しはじめている (産経9/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center