(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆パレスチナ
記事タイトル *イスラエル青年殺害、報復の連鎖
本文テキスト  3人のイスラエル人青年の死をきっかけに、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区に報復攻撃を行う中、7月2日、エルサレム近郊で今度は16歳のパレスチナ人青年が自宅付近で拉致され、焼死体で発見される事件が発生。パレスチナ側はイスラエル人による報復殺人とみて抗議デモを行った。1日に行われたイスラエル青年3人の葬儀には数万人のイスラエル人が参加、4日に行われたパレスチナ青年の葬儀には数千人が参加、イスラエルの警官隊と衝突した(産経7/6ほか)。
 イスラエルの治安当局は7月6日、パレスチナ青年の殺害に関与したとして6人の男を逮捕したと発表。犯行は「国粋主義的な動機」によるもので、実行犯にはユダヤ教指導者が含まれていたという(毎日7/30ほか)。またハマスは8月22日、ユダヤ人青年3人の殺害に関し、ハマスの軍事部門カッサム隊が関わっていたことを認めた(東京8/24)。ハマス側の容疑者はその後逃走していたが、9月24日イスラエル軍によって殺害された(朝日9/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center