(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラク
記事タイトル *女性弁護士を公開処刑
本文テキスト  9月25日、モスル在住の人権活動家で女性弁護士のサミーラ・ヌアイミさんが「イスラム国」に拘束され、5日間の拷問を受けた後に公開処刑されたと、国連イラク支援団が発表した。サミーラさんはフェイスブック上で「イスラム国」による宗教施設の破壊を批判していた。9月17日、夫や子どもの面前で自宅から連れ去られ、「背教」の罪で有罪宣告を受けたという(読売・夕9/26)。
 「イスラム国」は、シーア派の聖廟やキリスト教とイスラム教の共通の預言者の廟を収めるモスクなどを偶像崇拝の対象として爆破している。これらの破壊活動に反発した若者が闘争組織を結成したり、住民が「人間の鎖」で阻止したりする例もあるという。イスラム過激派の交流サイトでもモスク破壊は「逸脱」だと批判する声が上がっている(信濃毎日8/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center