(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *ガザ地区へ地上軍侵攻
本文テキスト  6月12日夜、ヨルダン川西岸パレスチナ自治区のユダヤ人入植地付近で、ヒッチハイクをしていた3人のイスラエル人青年が、行方不明になる事件が起きた。軍は6月30日、3人の遺体を発見したと発表、ハマスによる犯行と断定した。ハマス側は否定したが同日、ネタニヤフ首相は緊急の閣議を招集、ハマスへ報復措置をとることを決定。7月1日から3日にかけガザ地区34ヶ所を爆撃した(読売7/2ほか)。
 さらに軍は7月8日より本格的な空爆を開始、パレスチナ側もミサイルで応戦し、同日以降、ガザ側は2100人以上、イスラエル側は70人以上の死者を出した(産経8/28)。7月17日、イスラエル軍はガザ地区へ地上軍数千人を侵攻させ、ハマス側の武器搬入ルートとなっている地下トンネルを破壊した(読売・夕7/18)。8月26日、米国とエジプトの仲介により両者は無期限停戦に合意したが、イスラエルの世論調査では停戦合意に反対する意見が半数以上を占め、反戦デモ隊が主戦派に襲撃されるなど、大きな禍根を残している(朝日9/3ほか)。
→イランパレスチナ欧州広域参照
Copyright(c) Religious Information Research Center