(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現アーレフ)<松本サリン事件から10年>
記事タイトル *被害者救済の要望書を提出
本文テキスト  6月27日、死者7名、重軽傷者約600名を出した松本サリン事件から丸10年が経過した。現在も多くの被害者が後遺症等に苦しんでいる。前日26日には同事件と地下鉄サリン事件、坂本弁護士一家殺害事件の被害者・弁護団が遺族・被害者を救済するための特別法の制定を求める要望書を小泉首相と各党党首に郵送した。教団が被害者へ支払うべき賠償金は約25億円が未払いのままになっている(産経・東京 6/27)。当日27日には、長野県松本市の信州大で事件報道についてのシンポジウムが開かれた。当初容疑者扱いされた河野義行さんらが発表し、改めて報道の姿勢や冤罪を防ぐ仕組みについて議論された(毎日・東京 6/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center