(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆マレーシア
記事タイトル *マレーシア機撃墜で国民が服喪
本文テキスト  7月17日にウクライナ東部ドネツク州でマレーシア航空の旅客機MH17便が墜落し、乗客280人と乗務員15人が全員死亡した事故を受けて、マレーシア国内は追悼ムードに包まれた。ショッピングモールなどに設置されたメッセージコーナーには乗客乗員の冥福を祈るメッセージが溢れ、事故から10日後の7月28日に始まったラマダン明けの祝賀イベントは中止・縮小された。8月22日、死亡した乗客乗員43人のうち身元が確認された20人の遺体がマレーシアに戻った。当日は空港やマレーシア各地で追悼式が開かれ、国旗がかけられた棺がマレーシア軍の兵士の手で特別機から運び出される様子などがテレビ各局で中継された。政府はこの日を「服喪の日」とし、遺体が到着する時刻に運転や仕事の手を止めて1分間の黙祷を捧げるよう呼びかけていた。22日、23日は新聞各紙がカラーページを白黒にして発行した他、街頭には黒い衣服やスカーフを身につけた人々の姿が目立った(毎日・夕8/22ほか)。
→ウクライナオランダ参照
Copyright(c) Religious Information Research Center