(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *大統領に庶民派ジョコ・ウィドド氏
本文テキスト  7月9日に大統領直接選挙の投票が行われ、ジャカルタ特別州知事のジョコ・ウィドド氏(53)が当選した。ジョコ氏は地方の裕福ではない家庭に生まれ、露天商などで学費を稼いで難関のガジャマダ大学を卒業した苦労人。事業で成功し、2005年に政治家に転身、2012年から首都ジャカルタ特別州の知事を務めていた(産経7/10)。知事時代は縁故採用や汚職によらない透明性の高い人事制度を導入し、宗教や出自での差別がないとしてキリスト教徒や華僑の支持も受ける。対立候補のプラボウォ氏は経済学者を父に持つ元陸軍幹部でスハルト元大統領の元娘婿というエリート。イスラム教過激組織がプラボウォ氏支持を表明していた。双方の掲げる政策に大きな相違はなく、選挙戦ではジョコ氏を「キリスト教徒」、「共産党員」などとする虚偽情報がインターネットで流れるなど、ネガティブ・キャンペーンの様相を呈した(読売7/4ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center