(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *ウイグル人の東南アジアへの密入国急増
本文テキスト  新疆ウイグル自治区から東南アジアへと逃亡するウイグル人が急増している。政府当局の推計では年間3千人以上が雲南省からミャンマー、タイ、ラオス、ベトナムへと密入国しているという(東京8/5)。従来、新疆ウイグル自治区からの逃亡ルートは、カザフスタンやウズベキスタンを経由してトルコに向かうケースが多数だった。しかし中央アジア諸国が中国政府と経済関係を深めるなかで密入国の取り締まりが強化され、現在は東南アジアへのルートが急増している(東京・夕7/2ほか)。中国政府はウイグル独立派がイスラム過激派と合流・連携し中国国内でテロ事件を起こすことを強く懸念。この状況を受け9月28日、政府は9年ぶりに民族工作会議を開催、少数民族の移動を制限する方針を確認した(産経9/30ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center