(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *ダライ・ラマ、転生制度に疑義を唱える
本文テキスト  チベット仏教では高位の僧侶は転生すると考えられており、活仏の死後、教義に則り後継者が選定される。現在チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世は9月、ドイツ紙『ヴェルト』の会談のなかで、チベット仏教の転生制度の「廃止」を唱えた。中国当局は10日の記者会見でこれを強く否定。中国政府は無神論を標榜しているものの、チベットの転生制度を容認、政府「公認」の活仏を育成してきた。
 一方で、ダライ・ラマ側が選定した霊童は行方不明になっている。2007年、「チベット仏教の活仏輪廻管理条例」が制定され、チベット仏教への政治介入が強くなるなかで、ダライ・ラマ14世は旧来の教義に準じる選定方法だけでなく、民主的な投票の導入といったような選定方法も含め、再度討議する必要を唱えている(朝日9/21ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center