(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 64
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *「若い高齢者」の農村への還流と寺社
本文テキスト  2010年代に至り、過疎地域は高齢者が半数を超える限界集落問題が焦点となりつつある。山下祐介・首都大学東京准教授の論文「限界集落と寺院のゆくえ」。山下氏は神社や寺院が成り立たなくなったのは、戦前生まれがいなくなりイエが解体し、その余波が「精神世界にまで襲いかかってきているようだ」と見る。一方、農山漁村へ還流し始めた「若い高齢者」の精神性は伝統的な暮らしに根ざすもので、それは信仰が一体となった土地への回帰であり、ゆえに「今後の宗教の動向も、これら各世代(団塊世代平成世代)の人生航路上の問題にかかっているし、それこそが今の宗教者の使命なのだというべきであろう」と論じている(5日付。関連で5日付に中條曉仁・静岡大学教育学部准教授の「過疎地域の将来を考える 高齢者支える『公共性』を」。10日付に日蓮宗の教化研究会議<人口減少時代の強化とは>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center