(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *ドイツ、アメリカから見るヤスクニ
本文テキスト  「靖国参拝は『平和の維持』に必要か!?―世界からみるヤスクニ」を主題に8月9日、東京の在日本韓国YMCAアジア青少年センターで集会が開催された。シンポジウムは「ドイツ・アメリカからみるヤスクニ」。ドイツ人牧師のパウス・シュナイス氏がドイツにおける戦死者追悼について報告。同氏は、「二つの大戦での戦死者の名前を記した銘板、反ナチ抵抗運動の男女の名前を記した銘板は、ドイツのどの町村でも見出せる」と述べ、現在でも「なお多くの想起の作業をしなければならないし、極右勢力の歴史歪曲に対抗しなければならない」と強調した。
 アメリカ人政治学者のダグラス・ラミス・沖縄国際大学教員は、「日本を『戦争できる国』にすることは、9条をなくすだけでなく、日本社会を全面的に作り直すこと」であり、「戦争できる国」は「靖国イズムの社会」だと語った。この集会の主催は「平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動」実行委員会(キ13日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center