(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 64
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *改正国税通則法下での税務調査の動向
本文テキスト  新日本宗教団体連合会(新宗連)の宗教法人研究会は9月16日に東京の新宗連会館で「宗教法人と税務調査の動向―新宗連・宗教法人税務有識者検証委員会の活動」をテーマに研究会を開いた。改正国税通則法が2013年1月から施行されたが、同法では質問検査規定が大きく見直され、課税庁の調査権限が強化された。同検証委員会委員長代理の阿部徳幸・関東学院大学教授は「最近の税務調査の動向と傾向」について講演。調査手続きがより煩雑になり、調査手法が「巧妙化」している点に注意を喚起した。例として<本来答える義務のない「お尋ね文書」の乱発や、「来所依頼」や「行政指導」(「法定外調査」)が「調査」に移行した>事例を示した。
また2教団の役員が以下の実例を報告。(1)源泉徴収の確認調査で宗教者の守秘義務より課税庁側の調査権限の優先が主張された。(2)会費納入袋に印紙税を課そうとし、それが喜捨金への課税となり政教分離違反にあたるおそれがあった。これについて検証委員会委員長の石村耕治・白鷗大学教授は「税務調査は宗教法人の特性を踏まえ、聖なる部分(宗教活動)を侵してはならない」と述べた。
Copyright(c) Religious Information Research Center