(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *原発事故被災神社へ説明会
本文テキスト  福島県内神社原子力損害賠償対策委員会(委員長=多田宏・綿津見神社宮司)は8月19日に郡山市の開成山大神宮参集殿で、被災神社を対象とした原子力損害賠償の説明会を開催し、東京電力から福島原子力補償相談室の竹元一義部長が説明を担当した。神社に関する土地賠償、建造物などの賠償はまだ今後の課題であり、神社・東電双方とも<手さぐり状態での話し合ひ>となっている。また交渉で難航が予想されるのは、氏子が共同運営してきた法人格のない氏神。丹治正博・福島県神社庁長は「法人登録の有無で賠償対象から外されるのは納得できない」と<訴え>た。そして「移転して活動することができない神社を守っていかねばならないことを理解してほしい」と語った。現在、福島県全体の避難者数は約13万6千人、うち避難指示区域内からの避難者数は約8万1千人。賠償の対象区域は11市町村、区域内の神社は239社にのぼる(8日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center