(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 64
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *靖国神社批判への見解 神青協セミナーで
本文テキスト  神道青年全国協議会(神青協)は8月21〜22日に神社本庁などで「これからの英霊顕彰」を主題に夏期セミナーを開催した。講師の1人である靖国神社の山口建史権宮司は「靖国神社の本質」についてのなかで、同神社への批判的な意見に対する見解を示した。山口氏はまず同神社の創立について「公に貢献した人の御霊を祀り慰めるのは国民精神に即した当然のこと」とする。国が出征を命じることは「国が遺族への補償をおこない、戦没者の御霊を祀る約束をすること」と同義であると<主張>。ゆえに「戦後は已むなく一宗教法人となったが、いずれは国にお返しするつもりで奉仕している」。また遊就館が「侵略戦争美化の施設」との批判に対しては「同館は戦没者の遺徳を伝えることが主題。謝罪表明などないのは当然」であり、「遺品を通じ若い世代が二度と戦争が起こることのないように思いを致すことこそ、英霊の御神徳」と述べた(1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center