(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *僧侶の「婚活」の集い盛んに
本文テキスト  寺院の後継者不足を解決するために僧侶・寺族の婚活を支援する試みが<近年、仏教界で活発化している>。真宗大谷派は婚活イベント「出遇いの場・縁JOY(ジョイ)」を2013年12月からこれまでに3回実施した。交際中のカップルはあるが結婚はまだない。日蓮宗は2003年に「後継者及び結婚相談システム」を開始し、2008年からお見合い会「良縁の集い」を年1回開き、数組が結婚した(1日付)。曹洞宗も<深刻な後継者不足>を解消するため20年ぶりに9月14日に「ほほえみの集い」を東京で開催する。同宗では3人に1人の住職に後継者がいない。この問題について同宗寺族の川橋範子・名古屋工業大学教授は、教団が対外的には「僧侶の妻帯」の事実を肯定しながら、内部では出家主義を標榜したままであると指摘し、「自己批判と現実把握を踏まえた在家主義を教団は取り入れていくべき」と述べている(22日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center