(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *天皇賛美、戦意高揚の讃美歌
本文テキスト  アジア太平洋戦争中に出版された<天皇賛美、戦意高揚の讃美歌>について、『戦時下の教会が生んだ讃美歌』の著者である石丸新牧師と、戦時中の讃美歌を3冊復刻出版した辻子実氏の対談。辻子氏によると3冊のうち2冊はすべて日本人の作詞作曲で「弾圧が厳しいからといっていやいや作らされているようには思えない。違和感なく作っている」「彼らの『信仰告白』だったのだと思わざるを得ない」。石丸氏は「君が代」が讃美歌集に初めて挿入されたのは明治22年であるとわかり、著書のテーマについては「全教会が悔い改めなければならない問題だと気付き、考えるようになりました」(ク10日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center