(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *創価学会の本尊問題
本文テキスト  2013年11月に創価学会の広宣流布大誓堂が東京・信濃町に完成した。同大誓堂に安置されているのが「学会常住御本尊」であり、1951年に日蓮正宗総本山大石寺より下付されたものだが、5月20日付聖教新聞の御本尊記念日勤行会(5月19日)の記事では下付について触れていない。仏教タイムスの記事は<今では敵対する宗門から下付された本尊だとは言い出せないらしく>とし、<創価学会最大のアキレス腱とされるのが、実はこの本尊問題なのだ>と指摘。そのうえで<(最高幹部ら)学会常住本尊を根本本尊としたい推進派グループと、それに批判的な教学部を中核とする慎重派グループ>の<対立があったことをうかがわせる内部文書>を紹介しているが、<推進派が優位な位置に立っていると推測される>(7日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center