(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *長老たちの語る「私の戦争体験」
本文テキスト  3週にわたり「私の戦争体験」を掲載(7日付、21日付、28日付)。ごく一部を紹介する。「あまりこれまで話したことはないけど。(満州で特攻人間地雷の)タコツボ作戦ですよ。申しわけないけど天皇陛下のことは考えなかった。母親のことしか考えられなかった」(清水博雅・真言宗智山派眞照寺住職。日野わかくさ幼稚園園長)。「戦争になると個性豊かな才能が失われる。だから2度と繰り返したくないね、戦争は」(酒井日慈・日蓮宗大本山池上本門寺貫主)。「部隊での訓練は、竹の棒があって、その先に爆弾を付け、走ってくる戦車に向かってそれを持ってバーンと突っ込む、というものでした」(福家英明・天台寺門宗管長)。「戦争になると、戦地も銃後もない。すべて戦場なんです。安全な場所はないのです。だから戦争は絶対起こしてはならんのです」(自爆攻撃訓練に従事した内田昌孝・元立正佼成会理事長)。
Copyright(c) Religious Information Research Center