(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *キリスト教界へ 震災後への批判的論評
本文テキスト  <キリスト教界は震災以後の課題にどう向き合い何が欠けていたのか>を検証するジャーナリスト松谷信司氏(キリスト教誌『ミニストリー』編集長)による批判的論評。一部を紹介する。被災地で大量に配られた小冊子の内容が「上から目線」であり、「被災者に寄り添うような素振りを見せているものの、やはり論理展開としては弱みにつけ込んだマインド・コントロールに限りなく近い」。支援活動全盛の頃は現場の問題を指摘できないような「空気」があり、「教派、団体、個人による覇権争い、売名行為、義援金の用途に対する疑義、非常事態に乗じて活発に動き始めたカルト団体など、不穏な動きに関する情報も複数入っていた」(23日付、25日付、30日付、8月1日付、6日付、8日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center