(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議
本文テキスト  安倍政権は7月1日に集団的自衛権の行使を容認する憲法9条の解釈の変更について臨時閣議で決定した。キリスト教界は閣議決定前から反対の意志表示が相次いでいた。キリスト教系各紙はその動きを反映し、とりわけキリスト新聞は7月全号の第一面の紙面のほとんどをこの問題に割いている。一部を紹介する。
 日本基督教団の有志が中心となって「戦争をゆるさない東京キリスト者の会」を立ち上げ、6月17日に信濃町教会で設立総会を開いた。2013年春から準備を進めてきたもので、目的のなかには「核(原子力)から離れ」ることも掲げている(キ5日付)。
 集団的自衛権行使容認に反対・抗議声明を出したのは以下の通り。「特定秘密保護法に反対する牧師の会」、日本同盟基督教団「教会と国家」委員会、日本キリスト教協議会(NCC)、日本バプテスト連盟理事会、日本宗教者平和協議会、日本カトリック司教協議会常任委員会。このうちカトリックの抗議声明は、閣議決定が憲法99条の「(国務大臣ら公務員は)この憲法を尊重し擁護する義務を負う」の違反であるとし、「時の政府の考え一つで、自衛隊員や国民を戦争の恐怖と生命の危険にさらすもの」と主張している(キ5日及び12日付、カ13日付、ク13日付)。
 世界教会協議会(WCC)は7月7日にジュネーブで開いた中央委員会で「日本国憲法第9条の再解釈についての声明」を発表し、9条が平和のために役立ってきたことを指摘。日本政府の姿勢について「重大な懸念を有している」と表明した(キ19日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center