(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *集団的自衛権行使容認決定に危惧や抗議
本文テキスト  安倍内閣は7月1日の臨時閣議で憲法9条の解釈を変更し、集団的自衛権の行使容認を決定した。これに対し宗教界などから危惧や抗議の声明が出された。立正佼成会は同日に「『戦争』そのものを容認するもの」であり許されないと緊急声明を発表し、3日には根本昌廣外務部長らが安倍首相あての同声明を首相官邸で菅義偉官房長官に手渡した。全日本仏教会は同日、「日本人が国外で人を殺し殺されるという事態が起こり得る可能性があり、日本憲法に示される戦争放棄を捨て去ることになりかねません」と、齋藤明聖理事長の談話を発表した。記事はほかに日本カトリック司教協議会、世界教会協議会(WCC)、「立憲デモクラシー会」、新宗連憲法研究会の名をあげている(中外日報7日14日付及び11日付に同類記事。仏教タイムス10日付及び17日・24日合併号、31日付に意見・論の特集。キリスト教系紙の項参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center