(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *文化財の除染と風評被害、課題に
本文テキスト  東日本大震災の原発事故による文化財の放射能汚染と風評被害への対応に、岩手県平泉町が苦慮していることが、9月23日、報じられた。中尊寺や毛越寺などの史跡をもつ平泉町は、震災後、空間放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上の「汚染状況重点調査地域」に指定された。なかでも、国指定特別史跡「観自在王院跡」では、2012年6月に毎時0.30マイクロシーベルトが計測され、除染などの対策が当時急がれていたという。しかし、文化財を傷つけることが懸念され、除染作業を行うことができなかった。
 その後、同史跡内の空間放射線量は雨などで自然に低下し、国の基準値を下回ったが、「線量に不安を抱く保護者も多い」として現在でも修学旅行を避ける学校があるという。現在、町は観光協会や県、旅行会社などと連携し、風評被害の払拭を目指している(毎日・東京9/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center