(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 64
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *長崎教会群、世界文化遺産へ推薦決定
本文テキスト  国の文化審議会は7月10日、長崎県が世界文化遺産登録を目指す「長崎の教会群とキリスト教関連施設」を、登録候補としてユネスコに推薦することを決定した。「長崎の教会群」は、16〜19世紀のキリスト教伝来と信仰の歴史を示す遺産で、長崎市の大浦天主堂、「島原の乱」の舞台となった南島原市(長崎県)の原城跡、天草市(熊本県)の崎津集落などの13件で構成される。同審議会では、世界文化遺産・無形文化遺産部会と特別委員会で推薦候補の選定作業を進めていたが、長崎新聞によれば、準備が他の候補地より進んでいる同地を選定する方針が文化庁サイドですでに固まっていたという。登録可否は、2016年の夏頃、ユネスコ世界遺産委員会で審査される(毎日・東京7/11、長崎・長崎7/11ほか)。
[→『ラーク便り』63号26頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center