(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *県立公園の朝鮮人労働者追悼碑、設置許可取り消し
本文テキスト  群馬県高崎市の県立公園内にある、第二次世界大戦中に戦時動員・徴用され亡くなった朝鮮人労働者の追悼碑について、県は7月22日、管理する市民団体に対し設置許可を更新しない決定を伝えた。碑は2004年4月、市民団体の前身が県の設置許可を得て建てたものだが、県は2012年まで団体が碑の前で開いていた集会に政治的な発言があったとして、県の設置許可条件に抵触すると判断。2014年1月に設置許可期限が切れるにあたり、設置許可の更新を保留し、自主的な撤去を要請していた。これに対し、市民団体は撤去を拒否。碑の周辺で追悼式を開かないことや、設置場所の買い取りなどを提案していた。碑をめぐっては、「碑文が反日的」だとして撤去を求める苦情が2012年から2014年4月までに約100件県に寄せられ、6月の県議会では許可不更新を求める請願が自民党や公明党などの賛成多数で採択されていた(毎日・東京7/12、東京・東京7/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center