(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *最高裁、DNA鑑定による父子関係取り消し認めず
本文テキスト  DNA鑑定により子の父親が元夫ではないことが確認されているとして、母親が元夫と子の法的な父子関係取り消しを求めた裁判について、最高裁第一小法廷は7月17日、取り消しを認めない判断を下した。民法には子の身分の安定のため、妻が結婚中に妊娠した子は法律上の夫の子と推定する「嫡出推定」の規定があり、生物学上の父子関係がないことが科学的に明らかな今回のケースについても、この規定にのっとり子の身分安定を優先する判決が下された。しかし審理において裁判官5人の判断は割れ、2人が反対。賛成の2名を含めた4名が現行民法は血縁関係をほぼ確実に特定できるDNA鑑定技術などの存在を想定していないなどとして、法整備の必要性に言及した(産経・東京7/18、東京・東京7/18ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center