(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年7月-9月
号数 64
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *祇園祭、「後祭」と「大船鉾」の復活
本文テキスト  八坂神社(京都府京都市)の祭礼・祇園祭のハイライトである山鉾巡行が、49年ぶりに「前祭(さきまつり)」と「後祭(あとまつり)」の2日にわけて行われた。7月17日の前祭には23基、24日の後祭に10基の山鉾が巡行した。山鉾巡行は、八坂神社の神輿が町内を渡御するのに先立って行われるもので、従来は神輿が同神社から四条御旅所(おたびしょ)へ向かう「神幸祭」の日に前祭を、四条御旅所から神社へ戻る「還幸祭」の日に後祭を行っていたが、祭りが観光化するなかで1966年から、すべての山鉾が1日のうちに巡行するようになっていた(京都・京都・夕7/17、京都・京都・夕7/24)。
 祇園祭の担い手は近年不足し、伝統の存続が危ぶまれていたが、2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されて以降、伝統回帰の機運が高まっている。今回の後祭では、1864年の「蛤(はまぐり)御門の変」で一部の装飾を除いて焼失した「大船鉾(おおふねほこ)」が、地域住民の努力で150年ぶりに復興され、豪華な姿をみせた。その他にも、囃子方を復活させたり、若者の参加を促すなど、地域ごとにさまざまな復興の試みがみられた(朝日・京都7/16、毎日・東京7/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center