(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *関心高まる「臨床宗教師」 3大学の試み
本文テキスト  東北大学実践宗教学講座と、同様の講座を開設した龍谷大学大学院実践真宗学研究科は5月20〜22日に臨床宗教師研修を宮城県石巻市で行った。受講者はロールプレーなどを通じ、多様な価値観を認め合うプログラムを行うと共に、追悼巡礼を行った(4日付)。曹洞宗宗門校の鶴見大学では大本山総持寺の修行僧を対象に終末期医療を支援する「臨床宗教師」の育成事業を行っている。コミュニケーションの基礎を学ぶ演習を中心に、6月19日には「自己紹介」を通じて自己理解や意思伝達の技能を深めた。臨床宗教師は日本版チャプレンを養成する試みで、<宗門系・宗教大学の間で関心が高まっている>(25日付、27日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center