(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *本願寺派 37年ぶりの法統継承式
本文テキスト  浄土真宗本願寺派の大谷光真第24代門主から光淳第25代新門主への法統継承式が37年ぶりに6月5〜6日に、京都市の本山本願寺で行われた。5日夕に、御影堂厨子の鍵・門主の印鑑・紫の衣体を光真前門から譲り受ける御譲式が行われ、6日晨朝に紫の衣体を着けた光淳門主が、門主として初の勤行を行った。式には約8千人の住職、寺族、門徒らが参列した。光真前門は「退任に際しての消息」のなかで「希望を申します」とし、宗門が長い伝統のなかで「閉鎖的になり仲間が増えることを喜ばない場合があ」るが、「広い心で新しい友を受け入れていきたいもの」と述べた。また光淳門主は「法統継承に際しての消息」を読み上げ、その後の「お言葉」では「(真宗に)関心はあってもお寺との縁がない方も多くおられます」ゆえ、「多くの方へお寺へお参りいただけるような」取り組みや工夫、門信徒の「活動が必要になります」と呼びかけた(12日付。中外日報11日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center