(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *「日本仏教批判」のシンポジウム
本文テキスト  国際日本文化研究センターは6月14日にシンポジウム「日本仏教批判」を同センターで開催した。松本史朗・駒沢大学教授は京都学派の仏教理解について批判し、西田幾多郎も西谷啓二も<梵我一如のヒンズー教的な考え>だとし、密教についても同様と司会の末木文美士・同センター教授の問いに応じた。ブライアン・ヴィクトリア・オックスフォード大学付属仏教研究所研究員は日本仏教が国家仏教として展開した歴史をとらえて「御用仏教」とし、自己を犠牲にして国という集団エゴを生かすのは「菩薩行から見ればとんでもない話」と批判した。コメンテーターの佐々木閑・花園大学教授は「仏教か否かという学問的な筋を通すことと、今の日本の仏教がいかに今の日本人に役に立って、人を救っていくかはまた別の話」と述べた(19日付。中外日報25日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center