(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *桂宮宣仁親王殿下 劔葬の儀
本文テキスト  <桂宮宣仁親王殿下が>6月8日に東大病院で<薨去された。御年66歳であられた>。神社新報は3号にわたり詳報しているが、以下、東京・豊島岡墓地で17日に斎行された本葬にあたる「劔葬の儀」について、儀礼に関する部分を記事から引用する。午前10時からの「葬場の儀」は、<奏楽の中、司祭らが三宝に盛った白米や酒、魚や野菜などの饌と、紅白の帛である幣物をお供へし、一條司祭長が桂宮殿下の御略歴、御業績、御人柄、薨去に至る御様子などを盛り込んだ祭詞を奏上。その後、勅使、皇后宮使が拝礼し、喪主御代理の彬子女王殿下が玉串を奉って拝礼された。引き続き、三笠宮・同妃殿下、皇太子・同妃両殿下をはじめ皇族方が御拝礼。旧皇族代表、親族代表、安倍総理をはじめ三権の長、駐日外交団代表らが拝礼した>。午後4時すぎから埋葬の儀にあたる「墓所の儀」が行われ、<殿下の御遺骨は生前御愛用の品とともに石室に納められ、三笠宮殿下はじめ皇族方が土を盛られた。こののち彬子女子殿下が拝礼され、劔葬詞を奏上>、その後<皇族方が拝礼された>(16日付、23日付、30日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center