(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *市民主体のまちづくり 寺で体験会
本文テキスト  京都市は2008年から「京都市未来まちづくり100人委員会」を立ちあげ、市民主体のまちづくりの推進をめざしている。2012年8月には委員会内に「寺社チーム」がつくられ、寺での体験会「親子で学ぶ京都の寺社文化」を企画した。公募のうえ抽選で選ばれた親子が、2013年11月に浄土宗総本山知恩院に21組45人、2014年2月には臨済宗大徳寺派大本山大徳寺塔頭の大慈院に11組28人が参加。知恩院では念仏や焼香、大慈院では読経、坐禅をし抹茶を自分でたてた。同チームでは親子をテーマにした理由の一つに、<モラルダウンの背景のひとつとして信仰心が薄れたことがあると考え>、子どものころから、思いやり、だれかに見られている・見守られているという感覚を養う必要性をあげている。京都市の担当部署によると、市民による「地域に開かれた寺社作りの活動には注目していた」ということで、民間のパワーを評価する(21日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center