(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *国家祈祷会で辺野古基地建設は罪、恥
本文テキスト  日本基督教実業人会主催の第14回国家晩餐祈祷会が4月25日に東京の京王プラザホテルで開かれ、イスラエルなどの大使、国会議員、事業家、牧師、司祭などが参加した。今回の祈祷会は、原発、平和、基地の課題など具体的な緊迫した時代状況への祈祷、メッセージが中心。川平朝清・昭和女子大学名誉教授は沖縄出身信徒として、「辺野古に新たに巨大な基地を造ることは罪であり、恥です」と訴えた(キ24日付、ク11日付。関連としてカ18日付に<「ヘリパッドいらない」沖縄の願い胸に米国で行進>の記事。なお川平氏の発言内容はク6月1日、8日、15日付の各号に連載)。
Copyright(c) Religious Information Research Center