(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *反ユダヤ主義が過激化
本文テキスト  仏独国境地帯を中心に、ユダヤ人やイスラム教徒に関わる施設、墓、公共物などに対して放火や落書きなどの被害が続発している。8月22日にはパリのユダヤ人社会センターが全焼。現場にカギ十字などの落書きがあった。8月26日にはパリの情報公共図書館で、ドレフュス事件についての本など約20冊に「ユダヤ人マフィア」の文言や、インターネットの反ユダヤサイトURL、イスラム原理主義の情報などが書き込まれていた。シラク大統領は放火事件後に憤りの声明を発表したが、8月24日にフランスを訪問中だったイスラエル・シャローム外相は「ユダヤ人への攻撃をとめようとするフランス政府の意志が十分でない」と批判した(西日本 8/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center