(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *創価学会池田名誉会長をめぐる話題
本文テキスト  「21世紀宗教と政治研究会」による「大誓堂時代の創価・公明」(連載)から2点を紹介する。5月3日の「創価学会の日」記念行事に池田大作名誉会長は4年連続で姿を見せなかった。ただ同日付の聖教新聞には4月28日撮影という池田夫妻の近影を掲載しているが、夫人の笑顔と比較し<無表情という池田氏の姿が、余計に浮きだってしまう>。一方、記事は池田氏の文筆活動をとりあげ、活動できることが<不思議…>としている(22日付)。もうひとつは原島昭著『池田大作と原島家』(人間の科学新社)の紹介。記事は同書が<評判を呼んでいる>とし、<ただの創価学会批判本ではない。これまで公にされていない創価学会草創期の暗部の一端が明らかにされているからだ。とりわけ同会の研究者にとっては、一級の資料になる>と評している(29日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center