(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *「宗教学のメンタリティはオウムと地続き」
本文テキスト  企画記事<「オウム事件後」の宗教と宗教学>における宗教学者の太田俊寛氏(1974年生まれ)のインタビューのごく一部を抜粋する。「日本の宗教学はロマン主義的宗教論にどっぷりと漬かっており、そのメンタリティは実はオウムと地続き」「オウム真理教事件は日本の宗教学がまったく学問ではないことが赤裸々になった事件だった」「オウムの総括は自分より上の世代が命を懸けてやるべきだったが、いまだその負債を返せていない」。なお太田氏は「ひかりの輪」の幹部と「カルトとして孤立させずに、宗教学者として積極的に対話」するとしている。同記事には「ひかりの輪」の広末晃敏・副代表が写真とともに登場している(2日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center