(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *30年間、寺檀関係に変化なし 曹洞宗調査
本文テキスト  曹洞宗は檀信徒1万人に対して葬儀や信仰などについて2012年6月に質問紙による意識調査を行い、6530票を回収。その結果をまとめた報告書が3月31日に刊行された。それによると「先祖供養が寺院の要か」との問いに対し53.9%が肯定的だったが、坐禅や教理に親しみを感じるのは1?3割程度だった。「葬式は要らない」との考え方には65.8%が反対であり、<葬儀の必要性が鮮明になった>。葬儀自体では、葬儀社と宗教者の対応に<満足>を示すものの、費用については「不満」が「どちらともいえない」と合わせると57.6%だった。碑文谷創・『SOGI』編集長は「檀家を対象とした調査なのに、葬儀を必要としたのが65%というのは低過ぎるのではないか」「檀信徒の生と死をしっかりと見つめる必要がある」と指摘する。なお曹洞宗では檀信徒を対象とした意識調査を1984年と93年の2回行っており、従来と比較し「約30年を経過しても、曹洞宗の寺檀関係には、ほとんど変化がなかった」としている(25日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center