(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *安倍首相の靖国参拝を提訴 同神社も被告
本文テキスト  2013年12月26日に安倍晋三首相が靖国神社に参拝したことに対して、4月21日に宗教者、戦没者遺族273人が東京地方裁判所に、参拝が政教分離原則に違反するとして違憲確認などを求めて訴状を提出した。原告には韓国人20人が含まれている。被告は国、安倍首相、靖国神社。木村庸五・弁護団長によると靖国神社を被告とした理由について、「公式参拝を受け入れ、協力する形で違憲・違法な行為に加担した者としての責任を明らかにする」と説明した。記者会見には蒲信一・真宗大谷派浄栄寺住職、坂内宗男・日本キリスト教協議会靖国神社問題委員会委員長が出席した。なお4月11日には大阪地裁に同様の提訴がなされている(25日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center