(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *社会が個人化しても 宗教に頼る企業
本文テキスト  <“社縁”を深める宗教の役割>に関しての「深層ワイド」。記事は具体的様相について次の5つをあげる。(1)商品供養塔。企業活動に関する動植物や道具の供養。都内寺院での庭職組合による草木供養塔と供養祭、ケンタッキーフライドチキンによる神社での「チキン感謝祭」など。(2)企業内神社。大阪市の土佐稲荷神社と三菱グループ。東京の三国神社と三井グループ。ただし両神社とも現在は独立した宗教法人。(3)社員供養塔。高野山の公園墓地を取りあげているが、バブル期は年間10基ほどの建立があったが、現在は2?3基。(4)お別れの会。社葬のこと。近年は<先祖祭祀のような宗教的要素を排除>した例が増加している。(5)<揃って参拝>。企業参拝は20年ほど前から増え始め、行っているのは時代の先端を行く企業が多い。
 東京の神田神社では1月に約1万社およそ10万人が商売繁盛を祈願した。石井研土・国学院大学教授は「(企業は)社員の精神修養の一つとして神社を祀り、参拝する」。また村上興匡・大正大学教授は「(企業参拝は)社会全体が個人化しても廃れにくい」とし、<企業が宗教に頼る関係の強固さを指摘する>(30日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center