(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *メディア伝道の可能性を探る
本文テキスト  「届いているか、届いていないか、それが問題だ」のタイトルで、放送伝道を続けている太平洋放送協会(PBA)とCLCブックスお茶の水店は、メディア伝道の可能性を探るコラボ企画イベントを東京の同店で4月12日に行い、インターネットでも中継された。PBA番組のレギュラーである岩井基雄・清瀬福音自由教会牧師は、「どこでも誰でも聞けるという放送伝道の利点を生かせば、さらに可能性は広がると思う」と語り、海外在住者の日本語放送のニーズにも言及した。また文書伝道の手前の方にメディア伝道の使命があるのではないかと問題を提起した。なお同店はキリスト教書とそれにまつわる世界を知らせる各種イベントを毎月行っている(キ26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center