(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *「教会と地域福祉フォーラム」が創設
本文テキスト  「教会と地域福祉」フォーラム21の創設シンポジウム「キリスト教福祉の復興に向けて―現場の実践と提言に聞く」が3月21日に東京の日本基督教団富士見町教会で開催された。同シンポジウムは高齢化社会を迎え、教会と社会福祉施設が<協働する中で>キリスト教福祉の概念を問い直そうというもので、キリスト新聞社と東京基督教大学共立基督教研究所が共催し、基調講演とトークセッション、分科会が行われた。同フォーラムが掲げる目的は次の5点。(1)「教会」における「ケア」に対する認識を変える、(2)「ケア」は「宣教」であることを理解する、(3)「エクレシア」(共同体)としての教会を回復することを理解する、(4)チャレンジしている教会の取り組みを聞いて示唆を受ける、(5)実存の痛みの「価値」と「意味」を十字架の死と復活の補完性に見る(キ12日付。ク6日付に同類記事。なおキリスト新聞は3月8日付より<提言 教会と社会福祉>を連載中)。
Copyright(c) Religious Information Research Center