(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *両陛下 伊勢神宮に御参拝
本文テキスト  第62回式年遷宮の遷御の儀の後、初めて、3月26日に<天皇・皇后両陛下には><伊勢の神宮に御参拝された>。以下、記事より参拝の状況を抜粋する。<早朝、御起床後ただちに御潔斎遊ばされ>、朝食後<天皇陛下にはモーニングコート、皇后陛下には裾長の御参拝服に御改服>。外宮内宮とも<外玉垣南御門下で大麻・御塩での修祓をお受けになられた天皇陛下には、内玉垣御門内東側で御手水をお受けになられ>内院へ。<両陛下より奉られた御幣物が奉奠された御正殿の階下で池田厚子祭主、鷹司尚武大宮司、高城治延少宮司がお待ち申し上げるなか、御正殿階下幄舎中央の御拝座の御浜床にお著きになられた。続いて天皇陛下には、御玉串を捧げられて御拝礼。池田祭主が掌典から伝へられた御玉串を捧持して御正殿御階を昇り、御玉串案に奉奠して反命申し上げると、天皇陛下には一揖ののち神前を下がられ>た。なお今回は20年ぶりとなる<剣璽の御動座があり、御滞在の間、皇大神宮(内宮)の行在所に奉安された>(7日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center