(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *新出生前診断開始から1年
本文テキスト  妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断を実施している病院グループは6月27日、近畿大学(大阪府東大阪市)で開かれた日本遺伝カウンセリング学会で、2013年4月に同診断が導入されてから1年間で7740人が受診したと発表した。平均年齢は38歳。陽性判定後、羊水検査など確定診断に進み、胎児の異常が確定した113人のうち、中絶したのは110人。陽性判定後に確定診断を受けず中絶した2人、陽性判定を知る前に中絶した1人を含め、受診者のうち113人が中絶を選択した(産経・東京6/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center