(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *桂宮さまが薨去(こうきょ)、天皇陛下のいとこ
本文テキスト  三笠宮崇仁親王の第2男子で、天皇陛下のいとこの桂宮宜仁親王が6月8日、急性心不全のため66歳で薨去した。桂宮さまは1988年に急性硬膜下血腫で倒れてから右半身が不自由となっていたが、リハビリによって3年半後に車イスで公務に復帰された。しかし近年は敗血症などで体調を崩され、入退院を繰り返されていた。桂宮さまは独身のため、桂宮家は断絶する。桂宮さまのご遺体は、9日午後、赤坂御用邸にある皇族共用住宅「赤坂東邸」に移され、同日夕には納棺にあたる「御舟入」とご遺体と最後の対面である「拝訣」が行われた。天皇、皇后両陛下はこれらの行事に先立ち、赤坂東邸を弔問に訪れたが、慣例に従って御舟入りや告別式にあたる「斂葬(れんそう)の儀」には出席しなかった(産経・東京6/10、日経・東京6/10)。
 13日の閣議では、葬儀関連費用に今年度の予備費から1億9600万円の支出を決定。墓建設などの費用も含め、来年度予算への計上が総額2億6200万円となった(日経・東京・夕6/13)。
 17日には、「斂葬の儀」が東京都文京区の豊島岡墓地で営まれた。喪主は父の三笠宮さまだが、高齢のためめいの彬子さまが代理を務めた。皇太子ご夫妻をはじめ、皇族方、親族、安倍総理ら約560人が参列。両陛下からは使者として川島裕侍従長らが送られた。一般礼拝も行われ、ゆかりの人々も別れを惜しんだ(東京・東京6/17・夕、日経・東京・夕6/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center