(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【6. 政治と宗教】
小分類(国名等) ◆集団的自衛権
記事タイトル *創価学会が解釈改憲に懸念
本文テキスト  朝日新聞は5月17日、集団的自衛権の行使容認に関する創価学会のコメントを掲載した。創価学会は、安倍晋三内閣総理大臣が憲法解釈の変更により集団的自衛権の行使容認に踏み切ろうとしている点について、「本来の手続きは、一内閣の閣僚だけによる決定ではなく、憲法改正手続きを経るべきである」との従来の政府見解を支持する立場を示した。これに対し、公明党の山口那津男代表は19日の講演で「特にコメントはない」としている。政教分離原則や与党協議への影響を考慮したものと考えられている(朝日・東京・5/17、朝日・東京・5/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center