(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【6. 政治と宗教】
小分類(国名等) ◆集団的自衛権
記事タイトル *宗教者による反対集会
本文テキスト  4月9日、護憲ネットワーク団体「宗教者九条の和」の主催で、仏教、神道、キリスト教などの宗教者ら約80人が国会前で集団的自衛権の行使容認に反対する集会を開いた。集会では「『殺すなかれ』と祈り訴える私たちは、集団的自衛権の行使容認に反対する。必ず阻止する」というアピールを採択し、国会前の歩道で祈りを捧げた(毎日・東京4/10)。
 また、5月22日には、参議院会館でも宗教者らによる集会が開かれた。宮城泰年聖護院門跡門主ら52人が呼びかけ人となった「『集団的自衛権の行使に反対し、いのちと憲法9条を守ろう』宗教者共同アピール」の賛同者ら60人が宗教・宗派を超えて参加した。また、同集会において、僧侶や牧師、神父らが参加する「平和をつくり出す宗教者ネット」は、集団的自衛権の行使容認に反対の立場を貫くよう、公明党の国会議員に激励のファックスを送ることを呼びかけた(赤旗5/23、東京・東京5/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center