(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆世界基督教統一神霊協会(統一教会)
記事タイトル *脱会指導で損害賠償命令
本文テキスト  佐賀大の准教授が統一教会からの脱会を指導したことで、信仰の自由および名誉感情を侵害されたとして、同大の元学生とその両親が大学と准教授を相手に計440万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が、4月25日、佐賀地裁から下された。裁判所は、准教授が脱会の指導に際し、同教会を「邪教」とし、その教義を「犬猫の教え」などとする不適切な表現を繰り返していたことを、信仰の自由などの侵害と認定した。ただし指導は職務内での行為であるとし、国家賠償法に基づき准教授に責を問うことはせず、大学に8万8千円の支払いを命じた。
 判決後、元学生は、本件は大学のカルト対策の延長上に起きたものであり、この判決を機に大学における信教の自由を抑圧するカルト対策がなくなることを期待すると発言。対して大学は、教員が問題ある発言をしたと判断されたことを重く受け止めつつも、身元を明かさない宗教勧誘から学生を守るカルト対策の正当性は認められたと考えているとコメントした(西日本・福岡4/26、朝日・佐賀4/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center